fc2ブログ
                                        
5月23日
5.24城峯山
奥武蔵城峯山からの眺望

埼玉群馬県境の秩父奥武蔵に百低山がいくつか散在。
高さや難度は問題ないけれど
自宅から3往復を考える悩ましすぎる。

そこで色々調べて最短距離で一挙に3っつの山に行くことに。
本日は阪急交通公社バージョンなんちゃって。
もちろんはしごも縦走も無理なご老体ゆえ
ほぼ行くだけ。

それにしても3山なので珍しく夫も早く起きてきて5時20分には出発できました。
でも遠かった。
圏央道から関越の本条児玉ICに。
最初に
城峯山に。
山頂すぐ下の石間峠まで車道が通じており、そこまで自動車で行けば容易に山頂まで達することができる。
ウイキペディアにも出ている情報です。
ところが山頂付近の分岐まで来たところで
5.14城峯山
何と通行止め8時32分。
3時間以上かけてようやくここまでたどり着いたのに、、、。

5.14城峯山2
仕方なく歩いてみましたがどうもこの道路はフラットに迂回しているようで
全然山頂や神社に近づく気配がありません。
40分近く歩いたところでやむなく引き返す選択。
あいにくこのルートでのアクセスを考えていたもので登山道については見当もつかず。
結局車でうろうろしたあげく何とか目指す駐車場に着いたのは10時20分。

5.14城峯山3
クワガタソウ
途中まだ余裕があって花の写真など撮っていました
しかも前夜この花の名前を調べたりしていました。

5.14城峯山4
オドリコソウ
この花の名前は調べるのに結構時間がかかりました。
沢山咲いていたのですぐわかると思ったのですが、、、。
こんな時間でブログは山同様やけに時間がかかったりします。

5.14城峯山5
よく見るヒメオドリコソウの山草バージョンみたいです。
サイズも30cmほどあります。

5.14城峯山6
城峯山とキャンプ場の駐車場です。
5時間掛かりました((+_+))

5.14城峯山7
随分立派な神社でした。

5.14城峯山9
神社の前は小さな広場になっていて眺望がすばらしいです。

5.14城峯山10
平将門ゆかりの神社で彼が隠れた岩屋などもあります。

5.14城峯山11
10時41分。神社からは15分です。
ここに立つ電波塔の2階が展望台になっていて360度の絶景ビューです。

5.14城峯山12
今回正面のギザギザが両神山だってことわかりました。

5.14城峯山13
素晴らしい眺望だったのですが、、、

5.14城峯山14
相変わらず山の特定ができません(-_-;)

5.24城峯山15

5.24城峯山16
10時45分。飽きない長めでしたが先を急ぐのでこの辺で

5.24城峯山18
帰り道ではラショウモンカズラが見られました。
この花もよく似た花がいっぱいある気がします。


そして2番目の山釜伏山に向かいます。
情けないことに土地勘がないので根日があっても何度も道に迷いました。

5.24釜伏山4
ここでも神社を目当てにしていたのですが
釜伏峠にある神社は釜山神社という名前で釜伏神社と検索しても見つからないはずです"(-""-)"

やはり山頂までは15分くらいでした。

5.24釜伏山
12時35分。釜伏山山頂582m。
せっかく書いてくださった看板の字が間違っているような、、、?

5.24釜伏山2
視界のないくらい山頂には釜山神社奥宮の石祠と狛犬が。
この山は名水百選の一つに選ばれている日本水(やまとみず)という水源が反対側にありそちらを通るコースが
登山道としてはいいみたいです。

12時50分神社に戻り
3つ目の山笠山に向かいまます。
ここは隣の堂平山山頂に駐車して向かう予定です。

またもや迷ったり、思いのほか時間がかかって
堂平山の山頂に着いたのは2時半ごろでした。

5.24堂平山
ここは天文台があってハングライダーの練習場もある
開けて展望の良い山頂です。

5.24笠山
笠山にはそのハングライダー場を迂回していきます。

5.24笠山2
意外とアップダウンのある山道をやや焦り気味に急ぎました。

処がここでも通行止めがあったりしていつの間にか別の山の方に向かって30分ほど歩いていました。
引き返してもう一度方向転換して
別名乳房山という形のいい山を目指します。

5.24笠山3
15時44分、山頂近くの登山口にはたどり着きましたが、
かなりの急登でこれから登って堂平山までは無理と判断しました。

5.24笠山4
帰りの上り返しがきつくて
辛い帰り道でした(-_-;)

という訳で1日3山ゲットはならずでした。
焦った計画のため細部での番狂わせに対応できず疲れました。
峠を越えるルートはいたるところで通行止めがまだあるので要注意です。

超ショートコースのはずが19304歩とほぼ20,000歩でした。
登山に横着は禁物と深く学び反省しました<(_ _)>



2022.05.29 / Top↑
                                        
5月19日
正直私は料理会疲れで夫は昨夜はフルートと
体力気力の充実度は60%と思いきや夫がお湯まで沸かして準備してくれた。

でも時間のかかる山は避けて近場にということで
久しぶりに道志の道で山中湖に。
百低山で残っている山梨百名山石割山に。

早朝の道は空いていてスムーズに。
途中何となく女児の行方不明の事件を思い出す場所を通るのが辛い。
2020年に御正体山に登った時は彼女の写真があちこちで見られた。

7時30分石割神社駐車場を出発。
整備されトイレもある広い駐車場だった。
桂川を渡った対岸に石割神社への参道が。
5.19割石神社

え~!!と驚くばかりの階段。
まああさイチだから何とかなったけど
あさイチでも結構つらいものがあった"(-""-)"
階段は調べてみると403段ということでしたが
ひたすら果てしなく続くように見えました。
5.19割石神社20

そこからは比較的歩きやすい山道がしばらく続きます。
30分ほどするとご神木の桂の巨樹が現れます。
5.19割石神社3
1300mの高地に自生する桂はとても珍しいと書いてあります。

5.19割石神社4
桂川は相模川の源流でこの川の名前や都留市にある桂地区の名前の由来でもあるそうです。

この巨樹のすぐ上に石割神社の社殿がありました。
石割山の8合目にあたります。

5.19割石神社21
8時23分石割神社
ご神体は横の大きな石で右から斜めにちょうど石の字のように割れていることが神社の名前の由来にもなっていて、
祭神は古事記のアメノタジカラオノミコトで天の岩戸伝説の地といわれているそうです。

5.19割石神社6
この岩の回りを時計回りに3回まわるとご利益があるそうで
素直な私はもちろん3周しましたが夫は私に言われて1回だけ周回しました。

5.19割石神社7
この割れ目から湧き出る水にもご利益があるそうですが
涸れてしまったのかそれらしいものは見つかりませんでした。

この神社からさらに30分ほどで石割山頂(1412m)です。

5.19割石神社9
9時ちょうどです。
富士山が山中湖を前にすそ野を広げています。

どこから見てもそう思いますがまさに真正面という絶景です。

5.19割石神社10
尾根続きの大平山の向こうは三つ峠でしょうか?

中途半端な朝食を食べてから、太平山方向に向かい平尾山に。
結構な急坂でしたが
それを過ぎるとしばらくフラットな歩きやすい道でした。

5.19割石神社11
山中湖の平野への分岐のところにズミ(コナシ)が美しく咲いていました。

5.19割石神社12
この木は入笠山にもいっぱいあるのできっと今頃美しいでしょうね。

5.19割石神社16
つぼみのピンク色が可愛い。

5.19割石神社13
10時10分。平尾山(1318m)。

5.19割石神社14
より間近に山中湖と富士山。

15分ほど休憩して帰途に。
先ほどの分岐まで戻ります。

5.19割石神社15
足元にはすみれとともにフデリンドウが咲いていました。

平野への分岐を平の方向に行くとさらに駐車場への分岐があり
その山道を下ります。

11時過ぎ駐車場に戻りました。

昨年12月に山中湖と忍野八海に立ち寄った時
人気の蕎麦屋に行ったものの定休日だったので
今日はそこに行こうと夫の要望。

山中湖を経て忍野方面から目指す蕎麦屋に。
ちょうどお昼時だったせいか
平日にもかかわらず結構混んでいました。

5.19割石神社17
ランチタイムのせいかメニューが限定的で天そばなどはなく
ぶっかけを頼みました。
思ったほどのお味ではなく多少がっかりでした。

帰りは高速で川口湖から中央高速で。
混む前の時間でスムーズに帰れました。

何と今日の休憩場回rのゆったり登山の歩数は10450歩で
山に登ったとも言えない歩数でした。
でも石割山は魅力的なパワースポットですし、
お天気が良かったこともあって眺望もよくとても楽しい山行でした。




2022.05.24 / Top↑
                                        
5月11日
大月の百低山の高畑山(981m)に。

5.11高畑山19
隣の倉岳山とともに大月秀麗富嶽十二景の9番山頂になっています。


昨夜次男との飲み会でご機嫌が過ぎたので
今日は無理かと思っていたら
朝ごはんを食べ終わってから
着替えだして山行きの準備。
え~この時間からと思ったけれど
行く分には文句のない私。
すぐさま用意したけど出発は9時といつもよりずいぶん遅め。

昨日登った扇山は中央線鳥沢駅の北側。
今日は南側に。
中央線の鳥沢駅から北斜面で登るルートが一般的。
少しでも明るいかと南斜面コースの無生野バス停に。
全く初めて通る道路で見る景色も新鮮。

ナビがあっても場所が特定できないことも多くて。
今日は無事無生野まで着いたけど
駐車スペースがなくてうろうろ。
何と登山口近くの方が外に出てきて
「うちの駐車場に止めていいよ」と言ってくださった。
思いがけないご親切に感激!!

無生野登山口
無生野登山口
11時出発。シカやイノシシ除けの柵や扉が厳重です。

5.11高畑山2
何かしら期待しちゃう標識が
峠文化って何??

5.11高畑山30
早速看板が出てきました。

t="_blank">5.11高畑山3
歩きやすい山道がついているので見に行きます。
ところでウイキペディアでは
日本の環境省の巨樹調査での調査木は地上から約130cmの位置での幹周が300cm以上の木を対象
ということです

看板には幹回りが書かれていません。

5.11高畑山4
なるほど立派な小楢の木ですが、130cmより下で分枝していますので
巨樹とは言えないみたいです。

5.11高畑山6
枝はりが伸びやかで気持ちいいです。

そのあとそのまま山頂に続く道があるものと思ってそれらしいところを探ってみても
なんだかおかしい。

結局もと来た分岐のところまで戻りました。
すると直進方向にそれらしい道が。
ブログにする時点でよく見ると
看板の上隅に親切な地図が書かれています。
きっと他にも間違われた方がいらっしゃるということでしょうね。
30分はロスしました。

ここはGPSも入らなかったので要注意です。

5.11高畑山10
12時9分 穴地峠
倉岳山と高畑山の分岐です。
時間がないので高畑山だけにして左の急坂を上ります。

5.11高畑山11
12時13分 急坂だと思ったら天神山の山頂でした。
北側に展望があります

5.11高畑山12
昨日登った扇山が扇を広げた形にしっかり見えました。

5.11高畑山14
天神山山頂
ここから結構アップダウンがを繰り返して登ります。
5.11高畑山18
12時49分。高畑山山頂です。

5.11高畑山15
春らしい春霞のような富士山です。

5.11高畑山16
ここで休憩。
途中おひとりにお会いしただけなので
静かな山頂を独り占めです。

5.11高畑山20
花はほとんど咲いていなくて山頂で見た白い花ぐらいでした。
名前不詳。

1時15分下山

5.11高畑山23
13時43分 
天神山
今回スルーする倉岳山が見えてます。

5.11高畑山28
穴路峠
無生野に下ります。

5.11高畑山29
反対側は鳥沢への下りです。

5.11高畑山31
文化はあの小楢の木1本だけ(?)でした。
峠道文化って何だろう?
コースについても
もう少し親切な表示が欲しいです。

夫は扇山の全景が見えたことと
南に位置して富士山がかなり間近に見えたことが
良かったそうです。
百低山は登る側が登る山に対して意識を高く持つ必要があると
著者もおっしゃっています。
これで富士山見えなかったら
何のために登ったんだっけってなりそう。
意識が低いかも"(-""-)"

今日の歩数は13888歩でした。




2022.05.20 / Top↑
                                        
5月10日
5.10扇山10
扇山からの富士山
扇山(1138m)は百低山で山梨百名山、大月市の秀麗富嶽十二景の6番山頂です。

先週(5月4日)に権現山に行ったとき
浅川峠の分岐からなら扇山には往復2時間でしたが
体力不足の3人ゆえ見送りました。
まあ弁解すれば
連休のさなかということこともあって早帰り必須だったこともありましたが、、。
さらにもう一つせっかく登るなら南斜面のツツジ新道が通りたい!!

ということでまだツツジがみられるうちにと急ぎ行ってきました。
駐車場は梨の木平バス停。
8時30分到着です。
大月カントリークラブ近くにあります。
5.10扇山

5台くらい止められます。
よく整備されていて協力金をポストに入れます。

5.10扇山2
登山口の祠。9時出発。
トイレもあります。
山椒の里と紹介されていましたが登山中さほど山椒は目につきませんでした。

5.10扇山4
9時25分。ツツジ群生地を通るツツジ新道との分岐です。
帰りにゆっくり花を見ながら下りたいと思います。

5.10扇山3
ここからは富士山が見えます。

5.10扇山5
百蔵山と扇山の分岐です。
百蔵山(1003.4m)も山梨百名山、大月市の秀麗富嶽十二景の7番山頂です

5.10扇山6
9時58分。山頂です。
ほぼ1時間。ちょっとものたりないほどですが
山頂からの富士山は秀麗で山頂は伸びやかな草原です。

5.10扇山7
この山頂から権現山へのコースがあります。
ピストンされる方も多いです。

5.10扇山9
富士山

5.10扇山11
広々山頂

ファミリーや初心y差に人気の山なのも納得です。
今日であったのは5組くらいでしたが土日はかなり混むそうです。
10時30分下山
11時ツツジ新道分岐

5.10ツツジ新道
分岐を入ると約10分でヤマツツジが目に入ってきます。

5.10ツツジ新道4
新緑に朱赤の色がよく合います。

5.10ツツジ新道5
ほぼ登山口近くまでずっと花を見ながら下りてこれました

5.10ツツジ新道7
11時58分。ツツジ新道登山口バス停
ここから梨の木平バス停までは歩いて10分です。

歩数は20194歩でした。

2022.05.16 / Top↑
                                        
5月5日
5.5北公園2
キンラン

もう昼前には帰るという娘と近くの公園に。
昨日の権現山で一本キンランを見つけたけれど
まだ山ではこれからなのか他には見られなかった。

それで近くの公園に咲いているんだよと引っ張り出した。
この間見つけただけでもかなりの量だったので驚いたけど
何とよく見るとほんとあちこちに咲いている。
5.5北公園

もともと人出のある公園ではなくて
ほとんど子供の影はなくて
大人の静かな散歩か犬との散歩
あるいは通勤や通学時の通り道的な利用のされ方が主。
もったいないほどよく言えば閑静な公園。
咲いている花や植わっている樹々を楽しむというのでもない。

5.5北公園3
ギンランも結構咲いている(真ん中ですが見えづらい)

ここ2年は何となく散歩さえ控え気味だったせいで
野草たちはのびのびと本来の生命力を発揮できたのかな??

とにかくキンランもギンランもいっぱい咲いていることが分かった。
土地にさえ合えばこんなに自然に数を増やすものなんだ。

5.5北公園4

5.5北公園5

5.5北公園6

5.5北公園7
そしてカンアオイの花も咲いていました。

5.5北公園8
野草らしい(?)地味目の十二単

このまま増えればキンランとギンランが咲く公園として
人気でるかも。

どっちなんだ!?
放置しておきたいのかみんなに見てもらいたいのか
自分でもよくわからない((+_+))







2022.05.09 / Top↑