FC2ブログ

メリエンダの山ノート

遅まきながら山に夢中です。65歳で登った瑞牆山が百名山ハントの目覚め。すでに73歳を過ぎ、残るは 難度5つ星ばかりの7座。どうなることでしょう??

紅葉の高尾山に

12月8日
12.8高尾山
もみじ台からの冨士山

晴れ予報なので夫が2,3日前から高尾山に行こうの提案。
山と言えば常に私が連れ出しているように思われるけれど
結構夫も運動不足&ストレス解消(?)には高尾山!
最初は陣場山を考えていたけど
ゆっくり朝食したら
朝のスタートが9時過ぎに。
それで先日の景信コースに変更しようとしたら
結局高尾駅北口10時32分発の小仏行きに2,3分の差で間に合わず。
高尾山口から稲荷山コースという超ショートコースに。
10時50分スタート。

高尾山山頂は日曜日ということもあって超混みみなので
スルーしてもみじ台に。ちょうど12時。
ここもそれなりに混んでいたけどベンチを確保。
暑いほどの日差しを浴びながら富士山を眺めてのランチ。
12.8高尾山2
混んでますねえ

12.8高尾山3
茶屋のもみじが真っ赤でした
もう紅葉も終わりです。

12.8高尾山4

快晴の気持ちいい冬空で
久しぶりに富士山がくっきり見えた。
さほど紅葉の色が見えないけれど、、。

小仏城山からバス停への下山コースはまだ通行どめなので
結局帰りは引き返して4号路からいろはの森コースで。
ほとんど問題なく通れて、キャンプ場近くに倒木が何本か。

日陰なので寒いけど空いていて歩きやすかった。
増便していて日影沢13時32分のバスに間に合った。

冬は出遅れると日が短いので明るい日差しのうちに帰れてよかった。
[ 2019/12/09 04:06 ] 高尾山 | TB(-) | CM(0)

久しぶりの山歩き。景信から高尾山に

11月4日
百名山を終えてから山から遠ざかっていた<
けど
久しぶりに高尾山に。
スタンプハイクもやっているし、
一般ルートなら歩けるということだったので
陣場山から高尾山口ルートのつもりで6時過ぎに家を出た。
7時35分の陣場下行きのバスに乗るつもりで高尾駅北口に。
何とバスは途中までしか行ってなくてあと7キロは歩いてくださいだって。

7キロ歩いてから陣場さんコースはきつすぎるので
小仏コースに変更。
小仏バス停から小仏城山コースは通行止めで
景信コースなら行けるらしい。
結局高尾駅で1時間待ちで7時21分のバスで小仏行きのバスに。
増便されて2台の満員バス。
やっぱり高尾の山歩きを楽しみたい人って多いみたい。
7時40分ごろバス停出発。

景信も小下沢コースは通行止め。
11月4日高尾山

まだあちこちに台風と豪雨の影響は残っているみたい。
2ヶ月のブランクがこたえて最初の登りは最初結構しんどかった。

11月4日高尾山3
9時半ごろに景信に。
天気がいいので富士山が見えるかと思いきや見えなかった。
小仏丹沢方面はよく見えている。

a href="https://blog-imgs-133.fc2.com/m/e/r/merienda07/IMG_6148.jpg" target="_blank">11月4日高尾山2
城山から小仏バス停コースも通行止めの表示
景信はさほど人はいなくて連休なのに平日並み。

早々とおにぎりを食べてコーヒーで休憩。

10時近くに小仏方面に。
小仏には11時前に。
11月4日高尾山4
ここまでくるといつもの高尾山らしい賑わい。
でもやっぱり富士山は見えなかった。

11月4日高尾山5
紅葉もう少しすすんでいるかと思ったけどまだまだ。
茶屋の回りもみじだけが少し色づいていた。

ここでもまた休憩。
百名山と違ってのんびりできるのがうれしい。
また30分ほど休憩して高尾山に。

高尾山には12時半に。
11月4日高尾山6
やっぺり富士山は見えなかった((+_+))

11月4日高尾山7
山頂はまるで別世界。
新宿でもこんなに混んでないでしょうという雑踏

稲荷山コースも通行可だけど
今日はスタンプハイクのスタンプが欲しいので1号路で。

ということは登山道もずっと数珠つなぎの行列。
薬王院でソフトクリームゲット。
スタンプハイクの用紙を見せると50円引きの300円。
11月4日高尾山8
ブドウ酢入りでさっぱりと美味しかったが
甘党の夫は酢が入らん方がおいしいとぼやいていた。


清滝には2時過ぎに。
わたしは見晴らし茶屋から琵琶焼コースに入った当たりから膝痛。
久しぶりの山歩きの上に
景信からほとんど下りだったので劔でも出なかった左ひざの傷み。
おまけに救急用のポーチを見ると
葛根湯は持ってきているのに芍薬甘草湯は入ってなった。
油断して確認してこなかった。

百名山の時は歩く前にちゃんと飲んで
大体そのあとも2,3回は飲んでいた。
やっぱり甘草湯は効くのかも。

ゆるゆる何とか下山。
勾配が緩くなる清滝に近づくとほとんど痛まないのだけれど、、。

現在清滝からのコースでは6号路と蛇滝のコースだけが通行止め。

城山や景信、陣場山も相模湖側からのアプローチは
大丈夫だそうです。

久しぶりの山歩き。
のんびりと楽しかったです。
またこれからは近場の山歩きを楽しみたいと思います。
[ 2019/11/05 03:37 ] 高尾山 | TB(-) | CM(0)

99座目 立山に

9月14日
三連休が始まり、しかも好天が予想されるので、朝にはほとんどの駐車場が満杯状態でした。
そして朝イチのケーブルのチケットを手に入れるためには何時から並べばいいのかが気がかり。
朝4時起きで駅の方へ見に行くと2,3人の方が順番待ち。
我々も起きて山の準備をして
まず私が5時に並びに行くと暗い中もう結構な行列。
9.14立山
結局5時20分には切符の販売が始まり、
5時45分ごろには無事切符を買えました。

9.14立山2
本日の予定はさほど急がないので1便ずらして6時20分発で。
美女平からバスに乗り換えて室堂に。
車窓からの弥陀ヶ原。
あたしは初めてですが夫は2回も来たことがあるそう。
知らんかったあ~。

9.14立山3
7時35分:室堂ターミナルすでに標高2450m。
劔に比べるとなんと楽ちん(^^♪
心配した売店も開いていて飲料も替えました。
室堂山・龍王岳方面

9.14立山4
雲一つないピンカーンの快晴です。
立山の雄山・大汝山・富士の折立三山

9.14立山6時
ターミナルから一の越までコースタイム約1時間半の行程。
さほど勾配のない石畳の道が意外と応えてしんどかったです。
昨日の疲労がどっと背中にかぶさるようで、、、(-_-;)

9.14立山6
8時37分。一の越。2705m。
視界はクリアすぎて全部見えます。
劔に向かう別山乗越方面。

9.14立山8
笠・黒部五郎・槍・穂高…鹿島槍・五竜・唐松、、、でしょうか

9.14立山9
8月の初めに登った鷲羽岳から水晶岳も見えています。
ゆっくり休憩してしまって
雄山への上りは9時ごろに。
その急登が混んでいて行列ということもあって結構きつかったです。
何回も先を譲る必要があったりして、、、。

9.14立山10
10時4分。雄山山頂は3003m。
ここから階段を上って雄山神社があります。

9.14立山12
御祈祷もついて入山料500円。
99座目のお祝いとお礼を兼ねて登りました。

9.14立山11
立山頂上雄山神社。
雄山が一応立山を代表する山になるそうです。
立山最高峰は後ろに見える大汝山

9.14立山22
ご褒美にビールで乾杯
 
9.14立山13
正面に富士もくっきり

9.14立山14
といっても上の写真じゃ見えないのでズームアップ
やっぱり富士山は別格です。

9.14立山大汝山
11時21分。雄山から20分で3015mの立山最高峰大汝山です。
さらに15分で富士の折立があり立山3山となるのですが
夫は大汝山にも登らず岩の上で日向ぼっこなのでここで99座満願としました。
欲張れば別山までの周回や大走りでの半周回など考えていましたが
昨日頑張りすぎたので今日はここまでで十分ということに。
本当にここまでよく付き合ってくれた夫に大感謝ですから。

9.14立山15
大汝山から昨日の劒岳がばっちり。
私もピース&ピースで喜んでみました。
今日はさぞかし混んでいることでしょうね。
足の遅い私たちでは蟹の横這いや縦ばいなどきっとお邪魔なので昨日は平日でしたが
比較的すいている早月尾根コースを選んで
正解だったと思いました。

9.14大汝山3
ここで一昨日コンビニで買ったリンゴを食べました。
このリンゴが思いのほかおいしくて
名前が「劔」ときて最高でした(^^♪

9.14大汝山2
黒四ダムもよく見えていました。

帰りはもと来た道を下山。
登りと下りは別コースがつくってあるので混んでいてもスムーズに下りれました。

9.14立山20
結構急坂です。
追い越されはしても一人も追い越せなくて
あまりの下りの弱さに夫もがっくりしていました。

9.14立山21
14時45分室堂ターミナルに。
この場所で写真を撮ろうとしたら、
親切な方がシャッターを押してくださいました。

ついでにもう1枚とか言って写真を撮って売りつけられました。
1500円。
いつもならとても買わないところですがめでたい99座目。
記念に買うことにしました。
ほぼこの写真と同じアングルですけど、、、(-_-;)

3時発のバスに乗り
立山駅には4時に。
駅で教えてもらった立山グリーンパーク吉峰の湯ーらんどに。
連休で混んでましたが久しぶりのお湯でゆったりできました。

帰りは立山ICから入り、行きと同じ北陸道から長野道、信越道、関越道、圏央道で。
距離的にはかなりの遠回りですが夜は高速の方が走りやすいとこのルートで。

最初のPA有磯海で食こんにちは。
北陸道のこのPAがなじみになるなんて百名山行脚をやったればこそ。
日本国中思いがけない場所に何度も足を運んだものです。

何回かの休憩や仮眠をはさみながらも12時前には帰宅できました。
居眠りころころしてばかりの私がいつのまにというほどスムーズでした。

自称アッシーの面目躍如。
夫一人で全コース運転してくれました。

残り一座は火口周辺警報が出て立ち入り禁止が続く阿蘇山高岳です。
解除される日を気長に待ちましょう。
ということで私の百名山はほぼ百名山ということで、、、(^^♪
何とかここまでこぎつけることができました。
多くの方のお陰!感謝!ただ感謝です。
[ 2019/09/22 06:31 ] 百名山 | TB(-) | CM(0)

早月小屋~剱岳~早月小屋~馬場島

9月13日
3時起床。
昨夜7時過ぎに寝て、早く寝すぎて夜中に目が覚めたと思ったら
まだ10時過ぎだった。
それから眠れなくて悶々としてたはずと思いきや起こされた。

出発は4時前。
一組が先に出発されたので我々は2番目。
まだ真っ暗なのでライトをつけて。
昨日雲海で見えなかった富山市街の夜景がきれいです。

9.13劔②
5時8分。5時を過ぎると大分明るくなってきます。

9.13劔岳3
5時12分。東の方向ではないと思うけど☀がでそうです。

9.13劔岳3
5時18分。刻々と美しく色が変わる稜線。

9.13劔岳4
5時20分。大日岳方向でしょうか。もう山が見えてきました。
見える方が恐ろしい!!

9.13劔岳5
5時25分。こんなところは朝飯前(^^♪ということで。

9.13劔岳6
5時51分:約2時間。2600m地点まで来ました。

9.13劔岳7
6時を過ぎたところで休憩と朝食。
早月小屋のお弁当は稲荷と海苔巻き。
お弁当は残すと荷物になるので二人で1個しか頼みませんが、
もっと食べたいおいしさでした。

9.13劔岳8
7時1分。室堂方面からのルートが見えてきました。

9.13劔岳10
7時19分。2800m地点まできました。

9.13劔岳11
7時20分。山頂への稜線が付近が見えてきました。

9.13劔岳12
7時55分。急登なだけでなくこちらにもカニのはさみとかいう鎖場が、、、

9.13劔岳13
8時38分。やったー!!山頂到着です。
98座目ゲット!!
コースタイム3時間半のところ5時間近くかかっていますけどね。
無事に着けばいいのです(^^♪

9.13劔岳14
大日岳の向こうに薬師や黒部五郎、水晶、鷲羽登った山々が、、、。

9.13剱岳 21
まさに総仕上げのように中央から南アルプス、さらに富士山まで見えています。


9.13劔岳15
下山は9時。
やはり室堂コースは人が多く混んでいます。

9.13劔岳16
10時12分。2800m地点。ここで会ったお嬢さんにはあとですいすいと追い抜かれました。
登りも遅いけど下りはもっと遅い。

劔早月小屋

12時30分。早月小屋に。
デポしていたリュックに詰め替えて
13時再び出発です。
管理人さんが写真を撮ってくださいました。

9.13劔岳18
18時25分。いや~長かったです。
高齢者にとって急登を下りるのは登るより大変です。
明るいうちに着きたかったのですがどっぷりくれてしまいました。
1回もこけずに登って下りれたのがせめてもの慰め"(-""-)"

4時からすれば12時間以上の過重労働でした。
まあ劔から2200m以上の一気下り自体が無謀でしたが、、。
コースタイム6時間10分のところ9時間30分なので
我々の通常の1.5倍のコースタイムで言えばまあドンピシャではあります。

そのまますぐに立山駅に。
お風呂も食事もとらずにとりあえず駐車場の確保ということで富山平野を横断。
何もなくやけに寂しい一本道でした。
ちょうど中秋の名月が煌々と明るく明日のお天気を約束してくれていました。

それにしても駐車場は無事確保できましたが
駅周辺には見事に何もなくて
我々は手持ちの食糧だけで風呂にも入らず寝ることに。
15キロも離れたコンビニに行くより疲れた体を横たえること第一義で。
不足不満を言う前に眠ってしまいました。



[ 2019/09/21 06:32 ] 百名山 | TB(-) | CM(0)

馬場島から早月小屋に

9月12日
5時過ぎに駐車場着。
馬場島荘の駐車場も十分空いていた。
9.12早月小屋に

今日の予定は早月小屋までだけなので
時間的には余裕があるので8時出発予定。

空は曇りで天クラ予報のオールAは何なんだと
いつもの文句を言いながら7時半ごろスタート。

さすが剣岳。
登山口までにも写真スポットだらけ(^^♪
9.12早月小屋に2
置いてある石の大きさからして違う!!

9.12早月小屋に3
仰ぐ、劔?

9.12早月小屋に4月
と思って仰いでみたら一瞬の青空に一瞬の剱岳が

9.12早月小屋に5
これこれ!ハイ!!あこがれ続けた試練に旅立ちます。

早月登山口
無事に帰ってこれますように、慎重に。
とうとう最難関の98座目に挑戦です。

早月登山口2
7時45分。やっと登山口の標識。馬場島は標高750mです。
目指す早月小屋は2224m
標高差は1474m。約1500mです。
馬場島から剱岳山頂2999mまでのコースは北アルプス3大急登の一つです。

早月登山口3
むむ!さすが最初から急登だぞ!

馬場島1000m
8時29分。1000m地点に。

9.12早月小屋に9
8時50分。視界はないし、ガスだし、きついばかりで面白みに欠ける?
いえ、巨大な杉が何本かあって
縄文杉超えてるのじゃないかと思いました。


早月1000m
9時24分。1200メートル地点に。

9.12早月小屋に11
途中馬場島山荘が見えました、

9.12早月小屋に12
10時28分。1400メートル地点に。

9.12早月小屋に13
10時55分。1600メートル地点に。
標高200メートルずつに標識がありますが
所要時間はまちまちです。

9.12早月小屋に14
11時44分。1800メートル地点。みんなでっかいリュックです。

9.12早月小屋に15
12時27分。三角点。1920m地点です。
一般の方のコースタイムは3時間40分。
我々は4時間42分です。
一応1.5倍でで計算していますのでこれでも
45分くらいは速い!!

9.12早月小屋に16
13時4分。ようやく2000mの大台に。❕
後標高差420ほおd
距離で1km。
山の1㎞はつらい!

9.12早月小屋に2
14時2分。あまり鎖場はなかったです。
この写真だと舗装道路に鎖置いたのかって感じ?!
結構斜度はあったんですけどね。

9.12早月小屋に18
14時16分1.視界が開けると同時に
剱岳が正面に。
しかも真っ青な青空が背景。
この展望台は小屋のすぐそばでした。
皆さんあまりの絶景にここでの休憩が長くて
小屋の管理人さんが
わざわざ迎えに来られました。
我々も30分ばかりここでまだまだ遠い劔を眺めていました。

9.12早月小屋に4
神戸のお元気なグループの方が
何枚も写真を撮ってくださいました。

9.12早月小屋に5
岩場の絶壁が続いているのに
そこに猫の後ろ姿と思しき岩がなんかかわいい。
劔のトトロと呼ばれているらしい(^^♪

9.12早月小屋に6
15時ちょうど小屋到着です。
結局1時間近く道草喰って遊んでいました。

9.12早月小屋に7
とうとう早月小屋到着です。
今日は平日で20名ばかりと空いていましたが
明日は30名、3連休初日は50名の予約だそうです。
室堂方面は大変な混雑でしょうね。

9.12早月小屋に8
富山市街・富山湾方向はすっかり雲海に覆われてしまいまいsた。

9.12早月小屋に9
5時からお食事。
水が全然ないということでどんなお料理かしらと思いましたが
普通においしい和食が出てきました。
トン汁もご飯もお替り自由です。

水は500ccのペットボトルは500円
2lのペットボトルは1000円です。
すべてヘリコプターの空輸だそうです。

9.12早月小屋に10
日の入りは18時4分。
雲海を夕日が染めて息をのむ美しさでした。

空いていたのでゆったり眠れてラッキーでした。



[ 2019/09/19 21:03 ] 百名山 | TB(-) | CM(0)