FC2ブログ
                                        

1月11日
正月以来かなり冷え込んだ日々が続いている。
明日からは雪予報。
という訳でシモバシラを見るのは今日でしょう!!

帰りはリフトかケーブルを利用しようと京王線のお得切符。
よく考えずに買ってしまったけど
ところが途中下車はできないのかと高尾を通過し高尾山口まで。
高尾山口から駒木野まで15分ほど歩いてバスに。
裏高尾は梅は1分か2分咲き。蝋梅が民家の庭で香っていた。
2021.1.11高尾山
9時31分

バスで小仏バス停には9時53分着。

そこから小仏峠を越えて小仏城山に。
小仏峠から城山への巻道はまだ通行禁止。

小仏城山からは曇りにもかかわらず
富士山がスッキリ見え
丹沢の山々もよく見えた。
2021.1.11高尾山2
10時58分。相変わらず雪は少なめ

2021.1.11高尾山3
手前は加入道山と大室山だと思うけど、、、。

途中のファミマで買った肉まんとパンにコーヒーの休憩。
干し柿とバナナも持ってきていたけどまださほどおなかは空いてなくて、、。

2021.1.11高尾山4
あまり長居をすると寒くなる。
小仏から一兆平まで巻道だけで

IMG_5799.jpg
先日教えていただいた個所と確定できないけれど
とにかくあちこちにシモバシラ。
茎に沿って水分が美しい造形を作り出している。

2021.1.11高尾山6
数も多いし、

2021.1.11高尾山7
形も大きい

2021.1.11高尾山8
高尾山の裏階段付近まで
北斜面のあちこちで見られた。

2021.1.11高尾山9
写真は何枚も撮ったけど
選びきれない(^^♪

毎年見に来ていたけど、今までで一番たくさん見てもう堪能!!

また高尾山頂をショートカットして
過密にならないルートで
4号路からつり橋を経てリフト駅に。

2021.1.11高尾山10
13時8分。リフトはケーブルよりオープンエアーなので安全度が高い。

2021.1.11高尾山11
その分寒いけどね。
まあ我慢できる程度ではありました。

そして清滝口には13時23分。
2021.1.11高尾山12

自宅までの総歩数は20411歩。
二日に見た奥高尾のシモバシラだけでなく
小仏城山から奥高尾までゆっくり散策できました。

寒かったし曇りだったけど風はなくて富士山も見えて
何より美しい氷の花たちがいっぱい見れて大満足でした。

尚京王に問い合わせたところ
お得切符でも途中下車はOKだということなので
高尾で下車してもいいみたいです。
小仏や景信に登る場合小仏バス停からスタートするなら
高尾、小仏(バス)、高尾山頂駅(ケーブルorリフト)高尾山口
のルートで高尾山お得切符利用がかなりお得みたいです。







2021.01.13 / Top↑
                                        
1月2日
2021.1.2高尾山2
もみじ平からの富士山

高尾から12時過ぎの小仏行きのバスで日影に。
珍しく冷え込んでいるお正月なので
きっと今からでもシモバシラ(氷の花)が見られるのではと、、、。

寒いので日影の道は敬遠したかったけど
まだ三が日の中日
参道の混雑を避けるために。日影沢林道で。

予想通り寂しいくらい人影はまばら。
代わりに猿たちが騒いでいました。
野生の猿をこの林道で見たことはあるけれど
こんなにたくさんは初めて。
2021.1.2高尾山
カメラでは意外ときれいに映ってません。
すばしこい上に猿も保護色でわかりにくいです。

一昨年の台風以降道が荒れて通行止めにもなっていたので
代わりに猿たちが遊んでいるみたい。

少なくとも2つの群れで5頭ずつ位見えました。

日影沢から裏高尾に。
あまり足元に(普通の)シモバシラが見られなかったので
ダメかもしれないと思いつつ登りました。

裏高尾の巻道に着くと
あまりきれいではなかったけれど
それでも見られました。
良かった!!
2021.1.2シモバシラ2

2021.1.2シモバシラ3

2021.1.2シモバシラ4

2021.1.2シモバシラ

小仏の方はどうでしたかと通りがかりの方に聞くと
もっとたくさん見られたそうですが
今日は午後出発なので次回ということに。

もみじ平に登って富士山を見て
持参の干し柿とみかんで休憩。

そのあとやはり山頂の混雑は避けて5号路から4号路に入ってつり橋のルートで浄心門に。
早く帰りたいのでケーブルで。
10分間隔の運転で待たずにぎりぎり乗れました。
清滝駅には2時35分。
2021.1.2高尾山3

日影沢のバス停は12時20分くらいだったので約2時間ほどの
素敵なお散歩コースでした.

総歩数は14575歩でした。


2021.01.03 / Top↑
                                        
12月20日
12.20ダイヤモンド富士8
恒例とは言ってもコロナの現状では他人様をお誘いするわけにもいかず
夫は腰痛。
ということでけなげなにも娘が同行してくれました。
一人でもいいけどやっぱり仲間がいる方が楽しい。

2時に待ち合わせで二人とも1時42分着の電車で高尾山口に。

先月29日にも一緒に登った時は彼女には初めての夜間登山。
今日も同じ稲荷山コースだったけど
あの時は暗くなるので心が急いて
つい早歩きになっていたし、ライトもつけていたので
初めてでもないのに、こんな道だったんだと驚いていて面白かった。
結構歩いたんだとその距離にも。

高尾山頂には15時13分に。
12.20ダイヤモンド富士
日没にはまだ1時間くらいある。

12.20ダイヤモンド富士2
まだ十分明るいけれどかなりの待ちの人出。

さらに混むと思われるので今回はもみじ平で見ることに。
やっぱりもみじ平もそれなりに混んでいた。
12.20ダイヤモンド富士3

16時過ぎの日の入りまで40分近く
シートを敷いて座って待つことに。
昼食を食べてこなかったという娘はおにぎりとインスタント味噌汁とコーヒーを持参。
わたしはチーズケーキと手製の干し柿とお茶。
待ち時間が食べ物があることでずいぶん楽しくなった(^^♪
その間にも通路が埋まるくらいの人。

12.20ダイヤモンド富士4
16時12分ほぼ山頂の真上にj。

12.20ダイヤモンド富士5


12.20ダイヤモンド富士6

12.20ダイヤモンド富士7
16時13分

12.20ダイヤモンド富士8
あっという間に日は落ちてゆきます。

12.20ダイヤモンド富士9

12.20ダイヤモンド富士10
残照も美しい

早目に山頂を後にしたので
ケーブルで清滝に着いたのはちょうど5時でした。
12.20ダイヤモンド富士11


15分もかからないショーなんですけど冬至をはさむ1週間の高尾山の一大イベントです。
今年はこの時期ずっと天候が良さそうなので毎日見られそうです。




2020.12.23 / Top↑
                                        
12.6弘法山9
大山から塔ノ岳方面が間近に

明日は晴れやからどっか歩きに行こうと騒いでいた輩。

彼の腰の痛みに負担をかけない、
息子が使うので車なしで行ける、
ちょっと飽きてきた高尾山を外して・・・。
ということで昨夜遅くまでかかってひねり出した最善のプラン。
娘がくれた山と高原地図「丹沢」から選びました。

しかも予想通りの澄んだ青空。


バスを使わず駅から歩ける低山なので8時過ぎに出発と決めて
母との朝食もゆっくりも済ませたものの
夫が腰の痛みが尋常じゃないと訴えだし急遽取りやめることに。

だからと言って私はやめません。
いずれこんな日は来ると思っていたので
一人歩きにも慣れなきゃと単独で出かけることに。
治ればまた二人で出かけられることだし。
本日は体調が悪い方は母とお留守番(^^♪

一度も下りたことのない鶴巻温泉駅。
12.6弘法山

10分ぐらい歩いて高速の高架をくぐると
登山口が見つかった。(10時48分)
12.6弘法山2
500mなので山道らしきところを歩き始めると
自宅から駅までの距離より近いところに山頂です。

12.6弘法山3
11時7分。吾妻山山頂。155m。20分でひとつ目ゲット(^^♪

12.6弘法山4
ちゃんと休憩所もあります。

12.6弘法山5
そしてもう尾根線に出たようで歩きやすいい林道です。
冬の木漏れ日の暖かい落ち葉の敷いた道は気持ちいい!!

12.6弘法山6
木の間がくれに雄大な大山が見えます。
もう夫は大山も塔ノ岳も登れないかも、、、。
(私はまだ登れる気でいる、、、)

12.6弘法山7
12時18分弘法山。
弘法大師ゆかりの地らしく太子堂や鐘楼がある。
ここで一人ランチ。
テーブルのお向かいではやはりお一人様の男性が
暖かな鍋に最後はうどんとえらいご馳走。

私は持参のスープの素でジャガイモのポタージュ。
コンビニで買ったポンデケージョと肉まん。
駅前のファミマで本日肉まんが100円だったのだ(^^♪
それにみかん。

子供会なのか子供たちもずいぶんたくさん登ってきた。
今日は日曜日だと今頃気づく。


権現山へのルートは眺望も開けていて
桜の木も多いので花見の時期にも来てみたい。

12.6弘法山9
権現山の展望台から。
結構皆さん仲良く食事していてコロナのことなど忘れちゃいそう。
遠くの眺望より気になったりして、、、"(-""-)"

さらに浅間山を経て、個々から結構急坂でしたが

12.6弘法山10
秦野の市街側の登山口に。
13時42分。

ここから20分の予定なのに
道を間違えて途中から反対方向に歩きだしていた。
市街をうろうろしてこの弘法の清水に着くのに1時間かかっている"(-""-)"14時42分
途中駅までの道をお聞きしたら
一緒についてきてくださってこの井戸も案内してくださった。
最後に親切な方にお会いして秦野市好印象(^^♪

12.6弘法山11
「弘法の清水」の伝説
ある夏の日のこと、一人の旅の僧が水を恵んでもらおうと、ある農家を訪れましたが、その家には水がありませんでした。
「ちょっと待って下さい。」と外に出た娘はなかなか帰ってきません。水を求めて遠くまで行ったのでした。
僧は大変感謝し、持っていた杖を地面につくと、そこから水が湧き出てきました。後になって、旅の僧が、弘法大師とわかり、この井戸を弘法の清水と呼ぶようになりました
(秦野観光協会)

駅近5分こんな名所の名水。
そして20分で眺望のいい気軽なハイキングコース。
これからこういうのもいいなと気づかされました。
2020.12.08 / Top↑
                                        
10月29日
11.29高尾山6
清滝、高橋屋の柿の向こうにおぼろげな満月(18時9分)

娘と待ち合わせの高尾山口には16時2分着。
待ち合わせは16時だったので
さほど遅刻ではないけど娘は20分前についているので、、、。
出来れば私も早めに行こうと思っていたのが
あれこれ野暮用で出遅れてしまった。

既に日の入り間近で迷いましたが
娘は登る気なので稲荷山コースを6時20分スタート。

案の定あずまやに着く前にすっかり暮れて
ライトを装着しました。
娘はライト点けての登山は初体験です。

最初は見えた最後の紅葉の輝きもすっかり闇に。
薄曇りでお月さまもぼんやり。
行き交う人も途中からはばったり途絶え
まさに闇雲に登りました。

何しろ最終6時のケーブルに間に合わせるつもりなので
走れるものなら走りたい気分。
忖度してくれているらしい娘のペースに
それでも遅れがち。

それでいてまだ見たことのないムササビやモモンガの姿や滑空が
見られやしないかと目は頭上を泳ぎます。

何とか山頂のトイレ前に着いた頃は17時35分。
25分でケーブル山頂駅まで行けるかどうか・・・・??

ひえ~転がるように下って17時58分に無事乗車。
それでも切符より天狗まんじゅう2個ゲットしているところがすごい!!
11.29高尾山
ケーブル山頂駅って472m。
前から確認したいと思っていた。

そして清滝駅が201m。
11.29高尾山2
高尾山は599mなのでほぼ標高差は400mってこと。

11.29高尾山4
清滝駅前。

11.29高尾山23
清滝駅前の商店街もすっかり人気が無くなっていました。

前回に続いてライトでの山行。
冬至の頃にも
ダイヤモンド富士を見にまた夜来る予定。
2020.12.01 / Top↑