メリエンダの山ノート

遅まきながら山に夢中です。65歳で登った瑞牆山が百名山ハントの目覚め。すでに古希を過ぎ 残り30座を目指しながら山歩き楽しみます。

高尾山に

8月24日
久しぶりといっても2日にも登ってもいるけどね。
昨日残りの百名山の登山山計画をしながらこれじゃ私にはとても無理とは気づいたけれど
だからと言ってあきらめたわけでもない。

いやまず体力づくりと
けなげに今日はひとり高尾を決行。
以前は高尾山に登ることだけが目的で
楽しかったのに、、と思いながら
別に楽しくないわけでもないけど
今は体力づくりのためのトレーニングの場。

午後夫が出勤してから出かけたので
ケーブルの清滝駅に着いたらすでに3時半だった。
清滝

6号路から琵琶滝を経て見晴らし台で1号路に合流し
moblog_ccbcda60.jpg
あまりすっきりとは見えなかった

そこからまた4号路にはいってつり橋を渡って
moblog_59a3c168.jpg

いろはの森の学習路から山頂に。
moblog_22e96a0c.jpg
富士山は全然見えなかった

ちょうど90分。

10分休憩して稲荷山コースから下山。

やっぱりテカリに比べりゃなんと楽なこと。
最もテカリなら上りだけで3往復だけど。

といってもちゃんと1時間はかかって
6時10分に清滝口に。
清滝2

2時間半コースだったけど
上りは汗びしょびしょでそれなりに快汗・快感!

ところでケーブルの清滝口駅は工事中。
足台やネットがかけられているんだけど
時計の下には今まで気づかなかったけれど山主の天狗さんの顔があったんですね。
それがなぜか顔を隠してるのに赤い鼻だけ見せていて
写真にとると妙に卑猥
トリミングしましたけれど。
世界に誇るミシュランの山。
少しは外観も考えてほしい。
それとも私が単に考えすぎ??
[ 2017/08/24 21:17 ] 高尾山 | TB(-) | CM(0)

高尾山6号路からビアマウントに

8月2日
お料理会の有志の方と高尾山に。
最初の希望者は2人で妹を入れても4人。
少数精鋭で行くことにしていたら
なんと最終的に総勢9人の参加。

それにしても午前中は雨がらみ、午後は曇り。
午後は弱雨ないしはくもりの天気予報。
他の予報では晴れマークまでという悩ましさ。
楽観的に解釈して決行したのに
2時半集合でスタートするころにはぽつぽつ。

まあ大したことにはなるまいと思っていたら
山頂付近では本降りに。
全くあてにならないったら!!
外れるなら上天気のほうにぶれてほしいってもの!!

でもまあ後半戦があるのでということで
そのまますでに閉まった薬王院を素通りしてビアマウントに。
雨でもそれなりのお客さん。
いつもは屋外だけれど
今日は屋内で。
メニューは例年通り。
飲み放題で男性は3500円、女性は3300円。
私はジョッキ一杯のビールだけなのでほとんど元は取れない。
まあその分頑張ってくださる方もおられるので。
制限時間の2時間がちょうどいいくらい。
いつもは歩いて下るけれど
本日は全員ケーブルカー。
帰るころはすっかり雨も上がっていた。

久しぶりの高尾山とビアマウント。
普段できないおしゃべりをして
やっぱり行ってよかったの楽しいひと時でした。
雨のため写真1枚もない高尾山も珍しい。
[ 2017/08/02 21:24 ] 高尾山 | TB(-) | CM(0)

またまた、高尾山でお花見

4月22日
先週に続きまた、お花見に。

先週と同じ日影沢から北東尾根ルート~小仏城山~一丁平~奥高尾~日影沢。

リンドウ
フデリンドウ
この辺に咲いているはずと思ったら
ちゃんと咲いていた。
先週は咲いてなかったので本当にうれしい出会い

今日は仕事がらみの娘も同行。
高尾山マイスターとおだてられあちこち知ったかぶりでガイド役。
夫と違い反応が本気なのが新鮮。
一緒に感激してくれる。

小仏・桜
先週美しかった三つ葉つつじはかなり色がさめ桜は葉桜に

いったいいつが花見時だったのか
先週はまだ早いと思った桜が
今週はもう遅い。
三日見ぬ間の桜って本当なんですねえ。


先日のところとすこし場所を替え一丁平の近くにしたらすでにほぼ団体グループで満席状態。
しかも本格的な花見の宴で
バーベキューに酒にビールにと盛り上がっている。


まあ3人で張り合っても仕方ないので
定番のおにぎり弁当を広げビールで乾杯。
先週と違ってかなり風が冷たくて
温かそうなコンロのバーベキューや鍋が正直うらやましい。
天気予報では午前中は晴れということだったけど
ほとんど陽射しはなくて富士山も見えなかった。

ニリンソウ
まだたっぷりのニリンソウ
ここ数年の保護対策が功を奏してかなり数を増やしている気が

イチリンソウ
数は少ないけれど大ぶりで存在感のあるイチリンソウ


もう桜というより新緑の美しさが際立って
あっという間に季節が動いている。
そういえばタゴガエルの鳴き声も今日は全然聞こえなかった。

高尾山は最近随分手が入れられて
いいことか悪いことかめまぐるしくその生態系が変わっているようです。
3年前感激したクサイチゴの小道のクサイチゴはウソみたいにその姿を消しました。

伐採事業もすごく進んで見えなかった中央道や圏央道がばっちり見えたり
見えなかった山の稜線や山道コースもはっきり見えたりします。
雨や雪の時には歩きづらかった道もすっかり整備されています。
木の橋がコンクリートになっていたり
山道が車でも入れそうになっていたり。
何より訪れる方の人数の多いこと。

弁当を食べるベンチあたりではもうにぎやかな行列でしたが、
それでも今日の登りのコースでお会いしたのは数人でした。
まだまだ懐の深い高尾山ではありますが、、、。
[ 2017/04/23 02:26 ] 高尾山 | TB(-) | CM(0)

高尾山でお花見

4月15日
7時半ごろ日影沢スタート。
8時45分小仏城山に。
茶屋の桜はまだ1~2分咲きくらい。
そのまま一丁平方向に下りて休憩。

moblog_9e3e9910.jpg
いくらか咲いた桜もあってそれなりにお花見気分。

夫のリュックに忍ばせておいた保冷剤とともにビール2缶のサプライズに
夫は上機嫌。
いつもより700g重かったでしょうけど。
あとは昨夜の残りのから揚げとアジの南蛮におにぎり。
おやつとコーヒも持参。
気持ちのいい春の日差しの中で1時間半ほどまったり。
moblog_7869feb1.jpg
ミツバツツジとのコントラストが美しい

あとはもう一度日影沢まで1時間半。
ニリンソウの群落・田子ガエルの鳴き声・タカオスミレ

moblog_330aed71.jpg
日影沢のニリンソウ

moblog_33ad3789.jpg
一面のニリンソウ

moblog_8c035cc8.jpg
高尾山の固有種タカオスミレ

高尾山の春満喫。
12時に高尾山を出て1時にはわが家なんて最高。
[ 2017/04/16 09:33 ] 高尾山 | TB(-) | CM(0)

東高尾稜線から南高尾~大垂水まで

3月19日
そろそろ山シーズン到来なので足腰を鍛えておかなくてはと
今日は高尾山南コースに。
南高尾2
北東高尾からは高尾山がよく見える。

南高尾と北高尾は距離も長いし適度にアップダウンがあるので
春の体ならしにはもってこい。
というより
北高尾は百名山のいくつかよりはずっときつい!!

南高尾
山つつじが咲きだしていた

南コースは日当たりのいいところが多いので
春の日差しも強いくらいで気が付けば完全防備の女性が多いこと。
最近は顔がほとんど見えない人も多い。
それにしてもこのコースにも人が多くなったのには驚き。
今までほとんど人に合わなかったのに
出発時点から数組の団体さんやグループ。
向こうもそう思ってるでしょうが、
他人に合わないコースはマイコースのように
独り占め気分が楽しかったんだけど、、、。
南高尾3
関東ふれあいの道コースに入るとまず見えるのが城山湖

南高尾4
スミレも一気に咲きだしていた

そして大好きな津久井湖の見える見晴台の休憩所
あいにく富士山は見えなかった。
南高尾5


高尾山口~草戸峠~草戸山~三沢峠~見晴~大洞山~大垂水~高尾山口
全長16kmに高尾山口から距離でだいたい18km。
南高尾6

南高尾8


前半順調だったけれど
ひさしぶりの長距離で両足に豆ができてしまって
大垂水でばてた。
急坂の城山コースも
ショートコースの学習の道コースも
気乗りせず
大垂水から20号線のコンクリートを歩いて帰ってきた。
それでも4キロ1時間10分で結構きつかった。
圏央道の高尾入口など
破壊されつくした
車優先道路で
歩道もとぎれとぎれ。
歩行者はどこをどう歩けばいいのかという感じだった。
高尾山口で温泉に入って
食事をしてほっこり。
[ 2017/03/21 04:03 ] 高尾山 | TB(-) | CM(0)