メリエンダの山ノート

遅まきながら山に夢中です。65歳で登った瑞牆山が百名山ハントの目覚め。すでに古希を過ぎ 残り30座を目指しながら山歩き楽しみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

高尾山でお花見

4月5日
なんだかお花見したぞ感がないままに葉桜。
せめてと気になるのは小仏~高尾山の桜並木。
満開まではまだもう少し間があるかと思いきや
昨日山のお仲間から満開でしたよのメールと写真。

やっぱり行こうと急遽その気になっておにぎりとお茶。
でも天気もいまいちで愚図愚図していたら、
30分に1本のバスと電車と高尾から小仏行きのバスも45分待ちという連絡の悪さで
スタートは1時半過ぎ。

午前中は晴れるか雨かわからないような曇りだったのがかろうじて薄日が。
遅いスタートなのでコースも決めかねたけれど
結局何時もの日影沢~小仏城山北東尾根コースで。

橋のたもとの民家で
4.5高尾山
バイモユリ:ここのお庭にはカタクリなど折々の山草も咲いていて楽しみ

4.5高尾山2
ニリンソウが満開。
タカオスミレも咲いているはずと探したけれど見つからなかった。
もう少し上流まで行けば咲いているはずだけど今日はとりあえず桜を目指して、、、。

4.5高尾山3
きっと咲いているはずと足元を見るとやっぱり咲いていたフデリンドウ

4.5高尾山4
山吹も花時で美しい。
でも以前たくさん咲いていた草イチゴが消えてしまったのは不思議でとても残念

4.5高尾山5
森林再生のための間伐事業が進められていて眺望がよくなった。
おかげで中央高速や圏央道もよく見えるようになった・・・"(-""-)"

時間的に下りの方に何組か。
平日はほとんど人に合わなかったルートだったけれど
最近は増えてきている。

405高尾山6
小仏城山には3時前に。
約1時間30分。
小仏城山はどこから登ってもやっぱりかなりきつい勾配で1時間半くらいかかる。
茶屋のさくらもやや終わりかな。
何時もは割と遅くまで咲いているのに今年は散るのが早い。

405高尾山7
山桜は見ごろのものも。

405高尾山8
一兆平当たり

405高尾山9
もみじ平て前のミツバツツジと山桜のコラボ。
毎年ここが一番美しい。

でも天気のせいかやや時期遅しなのか
いまいち色味に華やかさに欠けた気が。
これはことしのさくら全般に感じていることだけれど、、、。
高尾山のさくらは大きくなりすぎてちょっと見上げないと視界に入りづらくなっていることや
かなり伐採されていることも影響しているかも。
自分の期待度が大きすぎるのか
毎年の訪問で慣れてしまったのか、、、。
でもこのコースの桜はずっと残ってほしい
飛び切りのコース。
来年も来れますように。

見えないだろうと思いつつ高尾山頂にも。
4.5高尾山頂

やっぱり富士山は見えませんでした。
それでも桜は見ました。

4.5高尾山頂2
山頂のさくらはそれらしくも風格があります。

4.5高尾山頂3
夕方4時の山頂は寂しいくらい静かでした。
時間も遅いので薬王院を通って1号路経由で。
ケーブルに乗って帰りました。



スポンサーサイト
[ 2018/04/05 21:38 ] 高尾山 | TB(-) | CM(0)

高尾梅郷~小仏峠~小仏城山~高尾山

3月18日
娘から高尾の木下沢梅林に行きたいとのこと。
じゃあついでに小仏にも行こうねということで。
高尾駅からバスで日影下車。
まずハナネコノメを見に。
3.18ハナネコノメ
少し時期が早いかな小さめでした

3.18ハナネコノメ2
今年の雪のせいか株がずいぶん少なくなっていてビックリしました。
再生するか絶滅するか微妙な具合です。
何しろ最近は写真家がすごい数です。

途中の民家の庭で
3.18ショウジョウバカマ
ショウジョウバカマ

カタクリ
カタクリ


そし木下沢梅林に。
ここも日曜日ということもあって以前よりぐっと観光地化した気がします。
でも傾斜地の色とりどりの梅がちょうど盛りで美しかったです。

3.18木下沢梅林
反対側の丘から

3.18木下沢梅林
梅園はちょっとしたトレッキングコースと広場の休憩スポットがあります


3.18木下沢梅林
わたしの好きな写真スポット。
中央高速と中央線が並行して見えます。
残念ながら列車が来なかった。

梅林を後にしてバスの小仏終点まで。
そこからさらに歩いて小仏の山道に。
バス停から約1時間で小仏峠。
久しぶりに山の地図を販売している
登山詳細図世話人の守屋さんにお会いしました。
地図は関西の六甲や金剛山 それに箱根などエリアはどんどん広がって充実しています。
3.18仏峠3

ここから小仏城山までが意外とつらい。
12時半にようやく城山に。
3.18小仏城山
覚悟はしていたけれど
やっぱり富士山は見えませんでした。

3.18弁当

弁当は昨日漬けた高菜の漬物で蒔いた雑穀米のおにぎりと餃子の皮でウインナやチーズを巻いたもの。
娘は可愛いそぼろ弁当を持参。
ちゃんと玄米だったのには驚き。
頑張っているみたいです。

お若い分、普段鍛えてなくてもわれわれより健脚な娘ですが
さすがに今日は疲れたようで
高尾山山頂からはリフトに乗ろうということで高尾山頂からは
4号路からつり橋を通ってリフト乗り場に。
今日も日曜日なので薬王院はスルーです。
リフトは風が冷たいということもなく
景色を楽しみながら下山できて快適でした。

今日の歩数は23276歩で16.2km、90階に登ったことに。






[ 2018/03/20 03:20 ] 高尾山 | TB(-) | CM(0)

久しぶりに高尾山

3月11日
3.11高尾山3

春めいて久しぶりに高尾山に。
車は息子が使うのでバスと電車を乗り継いで。
自宅から10分ほどのバス停から
7時51分のバスに乗ると8時半にはもう高尾山口に。
始発が遅いのが難だけど。

まだ寒いし晴れの天気予報をあてにしたけれど
雨も心配になるほどの曇り。
体慣らしなので高尾山頂だけのショートコース。
南側を行く稲荷山コースで。
4合目のあずまやからの景色もどんより。
3.11高尾山2

でも薄日が次第に刺してきて
10時過ぎ山頂に着く頃にはようやく青空に。
3.11高尾山
まだ少し早いせいか日曜日の割には空いているかなという感じ。
外国人の登山者が増えている。

持参の昨夜の炊き込みご飯のおにぎりを食べて休憩30分。
晴れては来たけれど富士山は見えなかった。

下りはいろはの森からつり橋コース。

つり橋から薬王院の北側を通り1号路の山門前に合流して琵琶滝コースで下山。

12時過ぎの電車に乗ればバスもうまく接続して1時過ぎには自宅で風呂に。
最高の半日ハイキングコース。
高尾山が近場で本当にうれしい。


[ 2018/03/11 21:23 ] 高尾山 | TB(-) | CM(0)

高尾山にファミリー登山

1月14日
1.14高尾山2
今年初の高尾山は快晴

毎年お正月は長男家族と高尾山に。
今年も無事にみんなで登れた。
4歳の若は上りはとても機嫌よく楽し気に登って
パパやママ、じいじを感激させました。
1.14高尾山
ママと手をつないで。

姫はもう余裕で娘と一緒に先に山頂に。
11時には全員到着。
朝昼兼用にしては軽いお弁当。

そのあと去年は見られなかったシモバシラを見ようと
裏高尾に。
寒い日が続いているので今日もばっちり。
1.14高尾山4

1.14高尾山5

1.14高尾山6

おお!せっかく氷の芸術を見れたのに息子と姫は天狗焼きを買うために先に下山。
嫁と若もあまり関心なさげで感動なし。
お受験と塾に必死でも情操教育がなっとらんと(ばあばは心で思いましたが…)

薬王院にお参りをし
娘は次男の嫁のためにお守りなどもゲット。

山門前のもみじ屋さんが閉店していてビックリでした。
高尾山は今日も混んでいるし、場所もいいしなんででしょうね。

ケーブル駅前の仮設店舗の前でみんなで天狗焼きをほおばって
夫と私は歩いて、ほかの5人はリフトで下山。
今年もそろって登れてよかった!よかった!
[ 2018/01/23 02:19 ] 高尾山 | TB(-) | CM(0)

高尾山のシモバシラ

12月29日
12.29シモバシラ7

毎日寒い日が続き、昨夜は零度を下回ってメダカの鉢にも氷が。
きっと高尾山にシモバシラができているはずと高尾山に。

そして快晴の11時前に高尾山に。
日影沢から裏高尾。
かなり時間は出遅れたけど
ばっちりシモバシラを見れました。
12.29シモバシラ

同じ考えの方は多いと見えて
シモバシラあたりは人だかり。
12.29シモバシラ8

今年の1月2月は暖冬だったり、ドカ雪が降ったりで
結局1度も見られなかったので
今年初めてのシモバシラ。
12.29シモバシラ2

12.29シモバシラ3

12.29シモバシラ4

12.29シモバシラ5

12.29シモバシラ6


一丁平の方にもあるよの声で巻き道を予定外の一丁平まで。
帰りは日差しのある正規ルートで。
朝の寒さがうそのように暖かい日差し。

もみじ平の山頂で富士山を見ながらおにぎり。
思い立ったが吉日の最高の高尾山日和。
シモバシラも、富士山も見られて最高。
そしてシモバシラを見ているときに素敵な女性とお話ししました。
シモバシラを見ていればその美しさが共に口をついて
共感が共鳴する。

その方とまたもみじ平の休憩ベンチでご一緒になり再びお話を。
筋金入りの登山家で絵もされ写真もされる方でした。
筋金入りといってもまさかと思える楚々としたほっそり美人なお方です。
こんな人生と山の素晴らしい先達にお会いできるのも山ならでは。
自然との出会い・人との出会い山の魅力は尽きません。
[ 2017/12/30 06:34 ] 高尾山 | TB(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。