FC2ブログ

メリエンダの山ノート

遅まきながら山に夢中です。65歳で登った瑞牆山が百名山ハントの目覚め。すでに72歳を過ぎ、残るは 難度5つ星ばかりの13座。どうなることでしょう??

草津白根山に


6月21日
ペンションプモリ
パンとコーヒーの朝食を優雅にいただいてペンションを7時30分ころ出発。
次なる白根山草津に。
白根火山ロープウエイ山麓駅に10時前に。

ここでもロープウエイ。
なんのプライドもポリシーもないので
楽にお山に行けるとあらばロープウエイでもリフトでもケーブルでも。
天候が不安定なので
ロープウエイが動いてなければやめようと思っていたが
おかげさまで我々のためだけ(?)のように小雨の中動いていた。
全長2400m。片道10分。往復1500円。

草津白根

山頂駅はすでに2027m。
それなのにコマクサリフトまで動いていてさらに高みに。
クサツロープウエイ

白根山への眺望があるはずなんだけどさらに五里霧中。
こんな中でもひるまずに出かけられるのは
もちろん高低差ほぼ150mというハイキングコースだということと
進化したレインウエア―のおかげと
グレートトラバースの田中陽希の天候をものともしない山歩きの影響が大。
危険は無謀だけど
眺望がないだけのことなら我慢する!

そして山からの眺望をあきらめてもおつりがくるほど
花たちが大歓迎してくれた。

最初のコマクサ。雨にしょぼくれていたけれどさすが高山植物の女王の美しさ
草津白根8

そして多かったのがマイヅルソウ
草津白根3

ところでコマクサは初見で感動している場合じゃなかった。
草津白根10

もう本白根への最高地点へのルートには
これでもかこれでもかと咲いている。
草津白根7

こんなにたくさんのコマクサを見たのは生まれて初めて!!
時期的には4分咲きということだったけど満足を超えて満腹になるほど。コマクサ
てっきり自生したものと痛く感激していたけれど
実際は地元の方々や小学生たちによって植えられ、保護されているそう。
それもまた、それでありがとうと感謝。
こんな厳しい条件のなかで5年もかけてようやく咲く花たちを
植えて見守ってくれたなんて。
小学生には本当にいい自然教材だったよね。

そして可愛いコケモモ
草津白根9

右に左に花を見ながら歩いていると本白根最高地点に。
あまり頂上を極めた感はないけれどとりあえず48座達成!!
雨に濡れそぼったすっぴんはとてもアップに堪えない(+_+)

草津白根6

最高地点は噴火口を1周するルートから外れて万座温泉に抜けるルートを15分ほど行ったところに。
また元のルートまで戻って
展望台からロープウエイの山頂駅まで約1時間。

そこがまたイワカガミ街道と呼びたいイワカガミの群落地帯。
元白根2

コマクサも可愛いけれどイワカガミも負けてはいない
元白根3

そしてイワカガミに負けずにたくさん見られたのが愛らしいツマトリソウ
元白根4

花の百名山でもある草津白根を堪能できて幸せ。

途中にあった鏡池
元白根

亀甲文様が珍しいとか。
元白根5

ロープウエイの山頂駅からは白根山を見るためのシャトルバスが無料で出ている。
ちょうど雨も上がって何とか白根山と湯釜を見ることができた。
(シャトルバスの中から見るだけで降りることはできない。白根山は警戒レベル2。
白根山
天気がいいともっと山肌は白く見え、湯釜も美しいブルーに見えるそう。
それで夫は昔子供たちが小さい頃一度来たよねと思い出した。
私もすっかり忘れていたけれど、長野方向から確かに来たことがあった。
(その道路(国道292)も今は朝8時から夕方5時まで制限付きで通行が許可されている)



午前中は見れなかったのでラーッキとガイドさん。
このガイドさんは白根山だけでなく火山にも造詣が深く詳細で熱のこもった説明に感心していると
テレビや新聞で随分有名な人気のガイド山田さんという方だった。

運が良ければロープウエイの下にニホンカモシカやクマを見ることができると
教えてくださったので下りのロープウエイで
目を凝らしていると本当に小熊がいたのでびっくり。

よく考えれば熊やかもしかにとってはずっと森や山が住処なのだから当たり前のこと。
私たちがお邪魔しているのだった。

雨に降られたけれど風がなかったので
さほどその天候が気にならないくらい楽しい山歩きだった。
標高差150mでつらさはないのに2000mの山歩きと高山植物を楽しめたわけで
とっても得した気分。

帰りには素通りできるわけないでしょうってことで名湯草津温泉の露天風呂に。
草津温泉
洗い場もなくまさに露天風呂だけなのにはいささか驚いた。

草津を3時前に出て5時過ぎに高崎駅に。
高崎駅構内にある「おぎのや」で食事。
オギノヤ
やっぱり釜飯は美味しかった。
充実の2日間でした。






[ 2015/06/21 21:52 ] 百名山 | TB(-) | CM(0)

奥(日光)白根山に

6月20日
8時半、群馬に出張だった夫と高崎で合流。
レンタカーで丸沼高原に。
この1週間、二転三転する天気予報に雨覚悟で出発したけれど
東京はばっちり晴れたので何とか今日は持つのではないかと草津白根の予定を奥白根に。
最近群馬は荒れ模様なので集中豪雨と落雷が気がかり。

丸沼高原のゴンドラ山麓駅10時半着。
奥白根ゴンドラ2
丸沼高原で標高1400m。
ここから一気に2000mまで運んでくれる。往復2000円。

奥白根ゴンドラ
目指す奥白根山。
ムム、怪しげな雲行き!!

高低差600mを15分で。
もう2000m!
奥白根2

ここにはシラネアオイの群落が。
奥白根4

この山の名前にちなんでつけられた美しい花。
花音痴の夫も感動していた。

奥白根5

山頂駅近くの二荒山神社(白根山神社)の安全祈願。
奥白根3

ここから登山道。
11時スタート。
ここでも鹿の食害が多いとのことで登山道入り口にはゲートがあった。
可愛い鹿の目を見ると切ないがシラネアオイだけでなく山草や住宅地の庭までも
食害の被害が大きいと聞くと複雑。

早速イワカガミが。
奥白根

天候が心配だったので約2時間30分の行程を休憩は1回2時間で。

残念なことに頂上近くでとうとう雨がぱらつき始め
ガスの閉じ込められて眺望ゼロ。(13時)2578m。
関東以北最高峰からの眺望は素晴らしいはずだったのですが、、、。
奥白根8

それどころか慎重派(小心者)の夫は食事もせずにすぐさまピストンで下りるつもり。
食事はスルーでもいいけどピストンはパスとごり押しで
周回コースに。
ガスの中急な岩場を下りると
ちょうど視界に弥陀が池が入るころには雨もやみ、ガスも晴れて、、、(^_^;)

奥白根7

水の色がヒスイ色の五色沼も見えた。
奥白根6

このくだりはハクサンシャクナゲの群落で来月には見ごろのはず。
シャクナゲ大好きの夫は残念がったけど
来月登る山で見ることにして(?)
シラネアオイが見れたので良しとすることに。
菅沼に下りる弥陀が池コースとの分岐当たりではチングルマが見られた。

奥白根9

我々弥陀が池には下りずに座禅山のコースで。
もう一度登り返すのかと思いきやうれしいことに
ほぼ平坦なルートで直径200mという座禅山の噴火火口が見られた。(14時10分)

奥白根座禅山
と言ってももう自然に埋もれて危機感のない低地というだけの景観。
日本の山って至る所火山なので恐ろしいと言えばいつもどこでも危険だらけ。

その後はうっそうとしたダケカンバの林の中。
眺望は無いけど整備された山道。
七色平を経て登山口に。13時30分。

又雨が降り出したけれど
ロープウエイは4時半最終なので
安心してここで昼食(?)

夜は丸沼高原のペンション村のペンションプモリ。
山小舎と違って暖炉のそばでおしゃれな食事。
ペンション ペンション2

ペンション3

何とか不安定な天候の中一つ目の白根山をクリア。
良かったよかった(~_~;)




[ 2015/06/20 21:27 ] 百名山 | TB(-) | CM(0)

乗鞍岳に


6月1日
上高地までくればどれか一つは登らなくちゃ
というわけで残っているお山乗鞍岳に。
スキーや近くを何度か訪れていても山頂を目指したことはなくて
3人とも初めて。
朝食をホテルで取って
8時40分のバスで乗鞍スカイラインの畳平まで。
5月15日に開通したばかり。

6.1畳平
畳平スタートは9時45分。
コースタイムは1時間30分。
まだお花畑には早いけれど
ハクサンイチゲが咲き出していて、途中ハクサンシャクナゲも数輪見ることができた。
6.1乗鞍7
登りは富士見だけをまいて肩の小屋に直行。
途中の雪渓で人生初のアイゼン体験。
3人共です。
6.1乗鞍4
娘とわたしは新規購入。夫は名古屋時代にすでに購入していたものの装着は初めて。
ということで15分はかかりました。
特に不器用な夫が、、、(^_^;)
肩の小屋の手前ではずして
またつけてとこれがなかなか面倒でした。
肩の小屋にはトイレがあります。

6.1乗鞍3
剣ヶ峰への登山口
すでに10時40分。
ここから一般のコースタイムは50分

6.1乗鞍
本当に馬の鞍のような美しいラインの稜線です。

6.1乗鞍2
11時45分剣ヶ峰(3026m)山頂到着です。

ずっと休憩していたかのようなスローなペースでしたが
ほどほどに天気に恵まれ、
慣れぬ雪山で2時間もかかりましたが何せ3000mを超える百名山です。
アイゼンデビューもできてご機嫌でした。

山頂はガスっていてあんまり展望は効かなかったのですが
3人共見えたとしても山の名前もよくわからないので、、、(^_^;)
まあ槍や御岳ならわかるかなと思ったのですが見えませんでした(-_-)
乗鞍1
火口湖の権現池が青味を帯びて目玉のように見えます。
雪解けのせいか水が美しいブルーです。

山頂にはほかに3人の方がいらして6人占め。
のんびりとパンやおやつとコーヒーで30分休憩しました。
下山は12時10分。

乗鞍2
お二人の方は下りは一気にスキーで降りられました。
めちゃくちゃ気持ちよさそうでうらやましかったです。

下りは我々もアイゼンもつけずスムーズに降りれました。
それで往きにはカットした富士見岳(2817m)に登ることに。

6.1乗鞍6
確かに眺望はよさそうでしたが、やっぱり富士山は見えませんでした。

畳平には13時40分着。
肩の小屋のトイレ休憩、富士見岳にも登って1時間30分。

畳平には鞍山頂簡易郵便局が設置されていて7月1日から9月30日の期間限定で
営業しているそうです。
日本で一番高い郵便局かとおもい、
自分あてにカードを出しました。
でも富士山にも同様の郵便局が設置されているそうです。
6.1乗鞍8
13時50分のバスで平湯温泉に。
日帰り浴場ひらゆの森でもう一度温泉にゆったり浸かりました。
ここはいくつもの露天風呂があって白濁のものと透明のもの湯種も違っていて
楽しめました。
昨夜宿泊した平湯館で購入できる割引券が200円でとてもお得でした。
そしてレンタカーで松本まで。
松本でおそば食べ、18時35分の梓に。
9時過ぎには最寄駅に着きました。

2日間の天候も良くて一泊2日てんこ盛りの旅行&登山でした。


3日にはちゃんと届きました。
しかもうれしいことに6月1日の消印でした。

乗鞍郵便局


[ 2015/06/01 21:51 ] 百名山 | TB(-) | CM(0)