メリエンダの山ノート

遅まきながら山に夢中です。65歳で登った瑞牆山が百名山ハントの目覚め。すでに古希を過ぎ 残り30座を目指しながら山歩き楽しみます。

谷川岳(2015.10.12)

10月12日
なんたって恐ろしい危険な山というイメージが払拭できなくて
我々が登れるなんて考えても見なかった谷川岳。
それが今やロープウエイで登りやすい山に??

わからないけれど
とにかく行ってみることに。
ロープウエイの運行始発が7時なので
あまり早く行っても仕方ない。
昨日電話で問い合わせると
3分ごとに22人乗りが動くそうでそんなに待ち時間は気にしなくてもよいとのこと。
それでも一応3時過ぎに家をスタート。

先日の沼田よりさらに遠い水上ICで。
ここからロープウエイ乗り場はわりと近くて約10km。
6時過ぎに駐車場に。
ロープウエイの有料駐車場は6時半に開門だそうで
手前の駐車場に。
ここは無料で乗り場までは徒歩約5分。

ロープウエイ乗り場はすでに長蛇の列。
7時に運転開始で乗れたのは7時10分くらい。

10.12谷川岳5
邪道と言われようが7分で746mから1319m迄運んでくれます。標高差573mです。

10.12谷川岳4
さらに軟弱な我々はリフトまで乗りました。1319mから1502mです。7時40分

10.12谷川岳3
天神峠に着くと圧巻の展望が。
予報通りの秋晴れの空に赤い衣装をまとった谷川岳連邦です。
10.12谷川岳2
ときどき鎖場もありますが
恐怖の山のイメージとはかけ離れています。
はい。数珠つなぎです。

10.12谷川岳
天狗のたまり場(9時)
お馴染みは高尾山の天狗だったけれど
火打山の天狗のお庭といい、
谷川岳の天狗といい
天狗たちは日本のお屋根を縦横無尽に駆け回っているのですねえ。
この上には天狗のザレ場っていうのもありました。

10.12谷川岳6
ここまで来ると山頂がますますなだらかになって
本当にあなたは谷川岳??って感じ。

10.12谷川岳7
肩の小屋には9時45分。ここから山頂トマの耳には約10分。

10.12谷川岳8
ですが先にオキの耳に10時5分。

10.12谷川岳9
2日前に行ったばかりの至仏もばっちり

10.12谷川岳10
あの山頂が平らなのは苗場だって。
やっぱり北斜面はきついよねえ。


ここまで順調につき一ノ倉沢を見に。
と言ってもどれがどれだかイマイチよくわからなくて

10.12谷川岳16
まあとりあえず富士浅間神社の奥の院にお参りに。

10.12谷川岳17

10.12谷川岳18

そしてUターン。
素通りしたトマノ耳に。
この間に見える西側の稜線の美しいこと。
1012谷川岳20

1012谷川岳21

1012谷川岳22
そして行列してトマノ耳の標識で撮影。

1012谷川岳23
ここからの眺めもまたすごい!!

そして一気に下りました。11時20分
とにかく人が増えてきたので
待ち合わせのために勝手に休憩が入ります。

1012谷川岳24
穴沢避難小屋に12時20分。
ロープウエイの天神平駅には1時ごろ。
少し並びましたが駐車場には1時半ごろに。
帰りの高速は
一部自然渋滞や事故渋滞もありましたが
おおむねスムーズに八王子まで。
中央高速はすでに調布まで渋滞で、圏央道でよかったです。

10日と12日。
恵まれた天候で紅葉の美しい山二つ最高でした。


[ 2015/10/12 21:09 ] 百名山 | TB(-) | CM(0)

至仏山(2015.10.10)

10月10日
昨夜9時過ぎに帰ってきた夫が
今週はどこへ行く?と聞く。
できれば尾瀬の至仏山と燧岳に。
だけど日曜日の天気が悪いので
どちらかしか行けないというと
何と明日天気がいいんだったら明日行こうだって。

十勝岳で雨にはすっかりまいったみたい。
それでも明日行こうなんていつの間にか私を超えてきた。

もちろん素直な私はそれからそそくさと準備。
出発は2時です。
圏央道から関越道沼田ICを出て戸倉に。
予定通り5時に。
ここからシャトルバスに乗り換え鳩待峠まで。

鳩待峠を5時50分出発。
10月10日至仏山5
しょっぱなからピンボケでした。
山の鼻から登って鳩待峠に帰る周回コースです。

10月10日至仏山4
紅葉の樹林の間から朝日に輝く至仏山と小至仏山が

10月10日至仏山3
美しい広葉樹林を行く木道ですが霜が降りていて気を付けないとすべる

10月10日至仏山2
約50分で山の鼻に。

10月10日至仏山
トイレを済ませて
6時45分登山口に。
木道の遊歩道に踏み出した途端
上田代湿原にかかる霧の美しいこと。
朝日が湿原を温めだした瞬間なのでしょうか?
幻想的な情景に口あんぐりで見入ってしまいました。
これだけでも来た甲斐があったと言えるほど感激!!
10.10至仏山6

10.10至仏山7

10.10至仏山8

10.10至仏山9
朝日を受けて足元の草の露たちが光ります。

10.10至仏山10
朝日の登る逆光の風景もまた素敵。

1時間も登れば尾瀬湿原と燧岳が箱庭のように見えてきます。
10.10至仏山11

見とれる風景が続くので
さして疲れは感じないのですが
よく見れば直登の結構厳しい岩場です。
10.10至仏山12

9時50分山頂です。
山の鼻から約2時間でした。
10.10至仏山13 

お天気は悪くないけれどくっきりというのでもなくて、、
10.10至仏山18
なだたる山も連なっているのでしょうが、、、
10.10至仏山16
会津駒や平が岳も見えているとのことです~

下山は10時20分に。

山頂からは鳩待峠からピストンの方も多く
結構渋滞もありました。
10.10至仏山20
小至仏には11時6分に。

10.10至仏山23
オヤマ沢田代あたり混雑してるけど楽しそう。

10.10至仏山24
登山口帰着は12時50分
全行程7時間でした。

高速は往きも帰りも渋滞もなく
とてもスムーズで天気の良い日に行動で来てよかったです。







[ 2015/10/10 21:21 ] 百名山 | TB(-) | CM(0)