メリエンダの山ノート

遅まきながら山に夢中です。65歳で登った瑞牆山が百名山ハントの目覚め。すでに古希を過ぎ 残り30座を目指しながら山歩き楽しみます。

塔ノ岳へ(ヤビツ峠~表尾根~塔ノ岳~大倉尾根)


5月5日
早朝から奥多摩の大岳山に登るつもりでスケジュールを立てていたら
起きだした夫が『やっぱり塔ノ岳にしようぜ』と言い出した。
ちょうど2年前になるけれど
やはりヤビツ峠から塔ノ岳そして鍋割山後沢乗り越しから大倉におりた。
思い出したくない頬dの強行軍だったけれど
その分景色は抜群とりわけ富士を見ながらの上りは忘れがたい。
でもあの長丁場のしんどさも忘れてはいない。

まあ機嫌よくその気になっているので
従順な妻はさっそく予定を変更して
スケジュールの練り直し。

秦野発のバスは7時35分が始発だけれど混雑を見越して7時9分着。
臨時便が出ていて間にあったけれど
座れそうもないので定期の7時35分に。
その間に私はもうすこし水を持っていこうと改札口前の店に。
何とその間にもう1台臨時便が出たそうだけど間に合わず。
結局7時35分のバスに。

ヤビツ峠には8時過ぎ着。
登山口には8時半過ぎ。

登山道からの登山開始は8時50分
ヤビツ峠

約1時間で視界が開け二の塔に。
ヤビツ峠5

10時10分三の塔到着
三の塔2


ここまで来るとアップダウンがあっても展望が開け美しい富士が見えて
楽しい尾根歩きになります。
マメザクラと富士山

三の塔は休憩場所が広いのと富士の眺めがすばらしいのでついのんびりしてしまいます。
三の塔

だけどまだ序の口。
それにしても行く手はまだまだ遠い。
塔ノ岳

下に見えるのが鳥尾山荘で遠くに見えるのが大日山荘でしょうか?
ここから鳥尾山荘までは鎖場ありの急坂になります。
塔ノ岳4

何と大渋滞です。
通りぬけに2,30分かかりました。
まあゴールデンウイークなので仕方ないです。

下って登り返して新大日山荘に着いたらなんと12時を回っていました(12時20分)
P1090669.jpg

ここから真上に見える小屋が頂上のような気がして登ると
それは木の又小屋。
だんだん言葉数も少なくなって
ひたすら最後の40分を登ります。

塔ノ岳は階段だけとか思いながら・・・

1時過ぎようやく山頂到着です。
4時間以上かかりました。
我々にはちょっと厳しいけれどやっぱりいいお山です。
P1090671.jpg

何回富士山を取るんでしょう???
P1090673.jpg

もう帰りはひたすら馬鹿尾根を下ります。
出発は13時50分
P1090675.jpg

鍋割山に寄ろうなんて夫も一言も言いません。

は~い大倉到着は4時37分でした。
P1090676.jpg

バスで渋沢駅に。
長い1日でしたが充実感もたっぷり。

2014年5月17日の塔ノ岳の記事
憧れの鍋焼き頂きました!塔ノ岳の表尾根コースから鍋割山~後沢乗越~大倉


#ゴールデンウィークの思い出
[ 2016/05/21 03:59 ] その他 | TB(-) | CM(0)

高尾日影沢の春の花

4月19日

さくらとタカオスミレに気を取られましたが

この時期日影沢には春の山草たちがいっぱい。

4.19日影沢4

木苺

4.19日影沢8

クサイチゴ

4.19日影沢9

カキオドシ

4.19日影沢7

ジュウニヒトエ

4.19日影沢6

ヘビイチゴ

4.19日影沢3

フデリンドウ

4.19日影沢

ヒトリシズカ

4.19日影沢11

いつものニリンソウ

イチリンソウ

数は少ないけれど大ぶりなイチリンソウ

そして大好きなハナネコノメのその後はと覗きに行ったら

こんな具合


4.19日影沢12

うんと地味だけどこれはこれで美しい


4.19日影沢13


ついでにそばに咲くチャルメルソウ

これは次々とまだ咲き続けているみたい


4.19日影沢14

ヨゴレネコノメも。



[ 2016/05/01 06:47 ] 高尾山 | TB(-) | CM(0)