FC2ブログ

メリエンダの山ノート

遅まきながら山に夢中です。65歳で登った瑞牆山が百名山ハントの目覚め。すでに72歳を過ぎ、残るは 難度5つ星ばかりの13座。どうなることでしょう??

飯豊山本山小屋~切合小屋~三国小屋~地蔵山分岐~御沢キャンプ場

9月14日
寝たもん勝ちで私は時折目が覚めたにしてもなんとか眠れました。
寒いとぼやいていた夫も何とか寝ていたはず。
ということで快晴とはいかないけれど
視界十分な朝6時出発の用意が整いました。
9.14飯豊山大日岳
飯豊本山から大日岳に至る稜線

以前仙丈岳にご一緒させていただいたグループのリーダーさんが
今までの山行の中で一番よかったのは飯豊山とおっしゃっていました。
その言葉が心に残り、ずっとあこがれの山でした。
今ようやくその景色をわたしも目にしているととても感慨深かったです。
余裕があれば大日岳にも登ってみたかったです。

9.14飯豊山大日岳3
帰りの方向も長い稜線が続いています。
随分深い山でした。

9.14飯豊山2
新潟市内方向でしょうか?海側です。

9.14飯豊山3
本山小屋:6時半です。30分近くも小屋回りでうろうろしていました。

9.14飯豊山11
6時半:昨日12時間かけて登ってきた道を戻ります。

9.14飯豊山4
7時35分:昨日は余裕がなくて写真が取れなかった御秘所

9.14飯豊山5
無事下りてきましたが、雨も降ってなくて風もなくて助かります。東側はもっと切り立っていて結構ビビりました。

9.14飯豊山
8時34分:切合小屋:ここは管理人さんもいらして食事も出ます。

9.14飯豊山10
遠目になだらかに見えるアップダウンが続きます。

9.14飯豊山6
ガマズミ:ナナカマドと競うように鮮やかな赤い実をつけ、紅葉の始まった葉っぱもきれいでした。

9.14飯豊山7
コケモモ:まだ花が咲いていました。赤い実も可愛いし、ジャムにもできる。

9.14飯豊山8
10時34分:三国小屋。また、ガスってますね。

9.14飯豊山9
11時57分:剣が峰を下るとあとは視界はなくなりますが危険のない山道です。
我々はそんなところで却って転んじゃうんですが、、、"(-""-)"
特に疲れがたまっている帰りの下りは要注意です。

9.14登山口
15時11分:無事登山口に

9.14登山口2
15時12分:9時間弱でした。
地図のコースタイムは7時間弱なので2時間オーバーです。
帰りはルートもわかっていますし、暗くなるまでに着けばいいので気持ち的には楽です。

もう一度『いいでの湯』に入って夫は少し横になってから帰りました。
途中で1回代わっただけでほとんど夫が運転し、見事アッシーを務めてくれました。
山も厳しくなっているけれど
長距離や夜の運転は厳しくなってきたと感じる年齢です。
感謝です。

[ 2018/10/25 02:08 ] 百名山 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する