メリエンダの山ノート

遅まきながら山に夢中です。65歳で登った瑞牆山が百名山ハントの目覚め。すでに古希を過ぎ 残り30座を目指しながら山歩き楽しみます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

赤石岳に(椹島ロッジ~赤石小屋)

7月27日
朝食も充実していました。
7.27椹島ロッジ~赤石小屋5

今朝合流するはずの方が来れなくなったとの電話があったそう。
それで6時45分4人で出発。
7.27椹島ロッジ~赤石小屋4

登山口はロッジから10分ほど。6時57分
7.27椹島ロッジ~赤石小屋3

ひたすらのぼりで視界のない林道
7.27椹島ロッジ~赤石小屋2

危険な個所も難所もないけれど、えらそうに言えばまあ単調な5時間の登りでした。
7.27椹島ロッジ~赤石小屋6

赤石小屋着12時15分
7.27椹島ロッジ~赤石小屋

お弁当はカレーピラフでした。
7.27椹島ロッジ~赤石小屋7
美味しかったけれど量が多くてご飯をかなり残しました。
問題はその後ずっとその残飯をリュックに入れたまま持ち歩くことになったこと。
昼食はできれば山小舎で調達したほうがいいとわかりました。

このまま5時の夕食を待ち、明日までが長い。
その間天気はイマイチ冴えずに
見えるはずの赤石岳も聖岳もガスの中。
ときどきガスが晴れるとその姿をみせてくれました。
7.27椹島ロッジ~赤石小屋9

赤石小屋の夕食
7.27椹島ロッジ~赤石小屋8

何眠くなくても寝なきゃと床に就いたころ
来れなくなったという方が到着のサプライズ。
朝のバス便に間にあわず、午後のバスで椹島について
そのまま登ってこられたのでした。
心強いことでした。

[ 2016/07/27 21:30 ] 百名山 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。